トップページ > 樹木の病気・害虫一覧

樹木の病気・害虫一覧

樹木の病気・害虫の種類と対策方法を説明いたします。

樹木の病気一覧

※樹木名・病害虫名をクリックすると、Google画像検索結果が表示されます。

樹木名 病名
発生樹種
主な被害と診断 / 防除法 / 殺菌剤の使い方
アオキ

炭そ病

アオキのほか、多くの植物に発生する
主な被害と診断
新葉に褐色または黒褐色の病斑が発生。
枝先、実にも発生し、その被害部に生じた胞子が伝染源となる。
防除法
罹病した葉・枝などを集めて焼却する。
剪定して日照・通風をよくする。
発生が多ければ殺菌剤を散布する。
殺菌剤の使い方
発生初期にベンレート水和剤2,000倍希釈液、トップジンM水和剤2,000倍希釈液などを茎葉散布する。
カシ

うどんこ病

カシ類、シイ、クヌギなどに発生する。
主な被害と診断
若い葉に白いかびの斑点が発生し、やがて全面に拡大する。発生が激しいと、茎葉の全体を覆う。
白いかびは胞子と菌糸で、その胞子が伝染源となり風で運ばれ蔓延する。乾燥状態が続くと多発する。
防除法
罹病した葉は集めて焼却する。
発生したら殺菌剤を散布する。
殺菌剤の使い方
発生の初期にトップジンM水和剤1,000倍希釈液などを茎葉散布する。
カシ
モチノキ
モッコク

すす病

カシ類、ツバキ、モチノキ、クチナシ、ササなど広範囲の樹木に発生する。
主な被害と診断
樹木の葉・枝・幹を、黒色のすす状の糸状菌が覆う。アブラムシ類やカイガラムシ類の排泄物を栄養源として繁殖。
防除法
アブラムシ類やカイガラムシ類を防除してすす病の発生を予防する。剪定して通風、日照をよくして発生を防ぐ。
殺菌剤の使い方
有効な薬剤はない。
サクラ

てんぐ巣病

サクラ類のうち、ソメイヨシノ、ヒガンザクラ、ヤマザクラなどに発生しやすい。
主な被害と診断
枝の一部に、たくさんの小枝がほうき状に出る病気で、放置すると樹勢が悪くなる。
発病の多いソメイヨシノは、花見の頃に病気に侵された部分の葉が展開して緑となるので非常に目につきやすい。罹病部の葉は縮れて褐変し、やがて枯死する。4~5月に罹病した葉の裏に生じた白色の胞子が飛散して蔓延する。
防除法
冬に罹病した枝を切り取り焼却する。罹病した枝の基部のふくらみを残さないよう切り取る。
殺菌剤の使い方
有効な薬剤はない。切り口からの材質腐朽菌の侵入防止と癒合促進のためトップジンMペーストを塗布する。
サザンカ
ツバキ

もち病

サザンカ、ツバキに発生する。
主な被害と診断
5~6月の新葉が展開する頃に葉や新梢が異常に肥大して、餅がふくらんだようになる。放置すると肥大部に形成された胞子によって病気が蔓延する。
殺菌剤の使い方
肥大部は白い粉状の胞子をつくる前に切除する。前年に発生した場合は、翌年も発生することが多いので、萌芽する前から殺菌剤を散布して、発生を防止する。
防除法
Zボルドー銅水和剤、バシタック水和剤などを7~10日おきに2~3回茎葉散布する。
サルスベリ

うどんこ病

サルスベリに発生する。
主な被害と診断
春に伸び始めた葉や若い枝に白いかびの斑点が発生し、のちに全体が白い粉に覆われる。多発すると葉や枝先が白い粉に覆われて変形する。花のがく、果実にも発生する。毎年多発すると、生育が阻害される。
防除法
落葉を集めて焼却する。罹病した枝をすべて除去する。発生の初期から殺菌剤を散布する。
殺菌剤の使い方
トップジンM水和剤1,000倍希釈液などを茎葉散布する。多発した場合は、月に2回程度散布する。
ツツジ・サツキ類

うどんこ病

ツツジ・サツキ類に発生する。
主な被害と診断
新葉の表裏に白いかびが発生し、やがて拡大すると葉全体が白くなる。
白いかびは胞子と菌糸で、その胞子が伝染源となり風で運ばれて病気が蔓延する。大発生すると、葉が変形したり枯れたりして生育が抑制される。乾燥状態が続くと多発する。
防除法
落葉や樹上の罹病した葉は集めて焼却する。一度発生すると翌年も発生して被害が拡大するので、殺菌剤を散布する。
殺菌剤の使い方
発生の初期にトップジンM水和剤1,000倍希釈液などを茎葉散布する。
ツツジ・サツキ類

褐斑病

ツツジ・サツキ類に発生する。
主な被害と診断
葉の表面に多くの褐色の小斑点が現れ、やがて葉脈に区切られた褐色の角斑をつくる。
防除法
樹上の罹病した葉は切除し、落葉は集めて焼却する。発生したら殺菌剤を定期的に散布する。
殺菌剤の使い方
発生初期から月に2回、トップジンM水和剤1,500倍希釈液を茎葉散布する。
ツツジ・サツキ類

もち病

ツツジ・サツキ類に発生する。
主な被害と診断
幼芽や葉が異常に肥大して餅がふくらんだようになり、その後、乾燥して落下する。放置すると肥大部に形成された胞子によって病気が蔓延する。
防除法
前年に発生した場合は、翌年も発生することが多いので、春と秋の発病前から殺菌剤を散布する。肥大部は白い粉状の胞子が現れる前に切除し、焼却する。
殺菌剤の使い方
バシタック水和剤75 1,000倍希釈液などを7~10日おきに2~3回茎葉散布する。
ハナミズキ

うどんこ病

ハナミズキ、ミズキ類、ヤマボウシなどに発生する。
主な被害と診断
多発すると、新梢や若い葉の全面に白い粉がつき、葉が縮んだり巻いたりして変形する。ときには葉が萎ちょう・枯死する。栄養を奪われるので生育が抑制される。白いかびは胞子と菌糸で、その胞子が伝染源となり風で運ばれて病気が蔓延する。
防除法
落葉や樹上の罹病した葉は集めて焼却する。発生の初期に殺菌剤を散布する。
殺菌剤の使い方
トップジンM水和剤1,000倍希釈液などを茎葉散布する。
マツ

葉枯病

マツ類に発生する。
主な被害と診断
針葉に灰褐色の帯状の病斑が発生したのち、暗褐色の帯が現れて交互に並び、やがて枯死する。病斑上に生じた胞子で伝染する。5月~6月の多雨時に病気が蔓延し、夏から秋に被害が激しくなる。
殺菌剤の使い方
罹病した葉を集めて焼却する。多発した場合には、多湿時を重点に新葉が展開する頃から秋まで、殺菌剤を散布する。
防除法
ベンレート水和剤、エムダイファー水和剤などを茎葉散布する。
マツ

葉ふるい病

アカマツ、クロマツなどに発生する。
主な被害と診断
春に針葉が褐変し落葉する。夏頃、マツの針葉に淡褐色の小さなかびが発生し、その状態で冬を越す。翌春に罹病した葉は灰褐色に変わり落葉する。枯死した葉には黒色の横縞と黒い楕円形の小斑点が並ぶ。8月頃に胞子が現れて飛散し、病気が蔓延する。
防除法
罹病した葉や落葉は放置せず、集めて焼却する。樹勢の弱ったものに発生するので、肥培管理によって樹勢の回復をはかる。発生したら被害の拡大を防ぐために殺菌剤を散布する。
殺菌剤の使い方
梅雨頃と夏の降雨時にキノンドー水和剤500倍希釈液を茎葉散布する。

ページの先頭へ

害虫一覧

※樹木名・病害虫名をクリックすると、Google画像検索結果が表示されます。

樹木名 病害虫名
発生樹種
主な被害と診断 / 防除法 / 殺虫剤の使い方
クチナシ

オオスカシバ

クチナシに発生する。
主な被害と診断
尾に角がある大型のアオムシが葉を食いつくす。幼虫は60~70mmほどになる。淡青緑色で葉の色に似る。側面に斑点がある。
防除法
幼虫による食害痕を早く発見し、発生初期に捕殺したり殺虫剤を散布する。
殺虫剤の使い方
DDVP乳剤1,000倍希釈液などを茎葉散布する
サクラ

アメリカ
シロヒトリ

サクラ、プラタナスなど広葉樹のほとんどすべてに発生する。
主な被害と診断
サクラなどの葉に幼虫が群がって食べる。初期は葉の表皮と葉脈だけを残し食べるので、葉がすけて見える。大きくなると分散して葉をすべて食べるので丸坊主になる。老熟幼虫の大きさは約30mm、背は灰黒色、側面は淡黄色で黒点があり、蛹となるために樹幹の溝や落葉に移動する。
防除法
幼虫が集団でいれば枝を切除する。幼虫の発生初期に殺虫剤を散布する。
殺虫剤の使い方
スミチオン乳剤1,000倍希釈液、トレボン乳剤4,000倍希釈液、オルトラン水和剤1,500倍希釈液などを1~2回茎葉散布する。
サクラ

イラガ

雑食性でサクラ、ウメ、カエデ、モミジ、ヤケキなど多くの樹木に発生する。
主な被害と診断
イラガ類の幼虫は背に有毒な棘があって触れるとすごく痛い。幼虫は単独で暮らして葉を食害するが、大きな被害が発生する恐れはない。イラガは、幹や枝上に球状の固いマユをつくり、その中で越冬する。
防除法
幼虫を見つけたら捕殺する。冬にマユをたたいて蛹をつぶす。多発した場合は殺虫剤を散布する。
殺虫剤の使い方
スミチオン乳剤1,000倍希釈液などを茎葉散布する。
サクラ

サクラフシ
アブラムシ

サクラ類に発生する。
主な被害と診断
新葉の展開期に、葉裏に寄生して葉の緑の一部を袋状に巻いた虫こぶをつくり、その中で吸汁する。虫こぶは、紅色となるので目立ち、美観が損なわれる。新梢の葉が次々と加害されるため、新梢の伸長が阻害されたり、樹勢が衰える。寄生転換を行い、5月以降は中間宿主のヨモギに移って夏を過ごし、秋になってサクラに戻り産卵する。
殺虫剤の使い方
葉の展開する時期に、被害を見つけたらすぐに殺虫剤を散布する。
防除法
オルトラン水和剤1,000倍希釈液などを茎葉散布する。
サクラ

モンクロ
シャチホコ
(サクラケムシ)

サクラに発生することが多い。そのほかにウメ、カエデ、カシなどの広葉樹に発生する。
主な被害と診断
サクラなどに大発生すると、葉を食べつくして大きな被害をもたらす。幼虫は、はじめ赤褐色で葉裏に集団で暮らす。老熟幼虫は紫褐色で、大きさは約50mmとなる。
防除法
幼虫が集団でいるときに捕殺する。幼虫が小さいうちに殺虫剤を散布する。
殺虫剤の使い方
ディプテレックス乳剤1,000倍希釈液、オルトラン水和剤1,000倍希釈液などを葉裏によくかかるよう茎葉散布する。
サンゴジュ

サンゴジュハムシ

サンゴジュ、ガマズミ、ニワトコに発生する。
主な被害と診断
成虫・幼虫ともに食害する。春の幼虫の食害は葉に不規則な穴をあけ、夏の成虫の食害は片面を食べ食害痕が褐変して汚い。被害の発生期間は長い。成虫の発生は夏に減少するが、秋に再び多くなる。老熟幼虫の大きさは約10mm。
防除法
幼虫と成虫の発生初期に殺虫剤を散布する。
殺虫剤の使い方
DDVP乳剤1,000倍希釈液などを10日おきに2~3回茎葉散布する。
ツゲ

ツゲノメイガ

ツゲ類だけに発生する。
主な被害と診断
4~5月頃の新梢の葉が糸でつづられ、その中で幼虫が葉を食害する。若い幼虫は葉肉だけを食べるので、葉が白くなり被害が目立つ。大きくなった幼虫は葉を食べつくすので、発生量が多いと枝が枯れる。
防除法
幼虫の発生初期に殺虫剤を散布する。
殺虫剤の使い方
スミチオン乳剤1,000倍希釈液、ディプテレックス乳剤1,000倍希釈液などを散布する。巣の中に薬液が入るよう、ていねいに散布する。
ツツジ・サツキ類

ツツジグンバイ

ツツジ、サツキ、シャクナゲ、アジサイなどに発生する。
主な被害と診断
ツツジ類の葉の裏側に成虫と幼虫が群がって吸汁する。そのため、葉の表側の緑色が失われてかすり状の黄白色となり、美観を損なう。葉裏には糞の黒点や脱皮殻がつく。成虫は3~4mmで相撲の軍配の形をしているのでグンバイムシと呼ぶ。
防除法
発生したら殺虫剤を散布する。発生は長期間におよぶので定期的に散布する。
殺虫剤の使い方
スミチオン乳剤1,000倍希釈液、トレボン乳剤2,000倍希釈液、オルトラン水和剤1,500倍希釈液を葉裏によくかかるよう茎葉散布する。
ツツジ・サツキ類

マメコガネ

ほとんどすべての樹木に発生するほか、草本植物にも発生する。
主な被害と診断
5月頃から、日中、大きさが10mmほどのコガネムシが葉に不規則な穴をあける。成虫の食害は集団で行うことが多い。産卵は浅い地中で行われ、ふ化した乳白色の幼虫は土の中にいて近くの分解物や植物の根を食べて育つ。
防除法
成虫を捕殺する。成虫の発生期に殺虫剤を散布するが、次々と飛来するので、被害を完全に防ぐのは難しい。
殺虫剤の使い方
スミチオン乳剤1,000倍希釈液などを茎葉散布する。
ツツジ・サツキ類

ルリチュウレンジ

ツツジ、サツキに発生する。
主な被害と診断
ツツジなどの葉に幼虫が群がって、葉の中軸だけ残して食べる。多発すると枝の先端部分まで食べて丸坊主にする。幼虫は約25mmの淡黄緑色で、全身に黒い点がある。
防除法
幼虫を見つけたら捕殺する。幼虫の発生初期に殺虫剤を散布する。
殺虫剤の使い方
スミチオン乳剤1,000倍希釈液などを茎葉散布する。
ツバキ

カメノコロウムシ
(カイガラムシ)

ツバキ、サザンカ、モチノキ、モッコクなど極めて多くの広葉樹に発生する。
主な被害と診断
枝や葉に寄生して樹液を吸うため、樹勢が衰えたり、枝が枯れたりする。すす病を誘発して樹木を黒くし、美しさを損なう。雌成虫は白色ないし桃色のろう物質で厚く覆われている。大きさは4mm程度で亀の甲羅状をしている。
防除法
小発生であれば、ブラシなどでかき取る。剪定して通風・日照をよくする。幼虫の発生期と樹木の休眠期(冬期)に殺虫剤を散布する。
殺虫剤の使い方
幼虫発生期にカルホス乳剤1,000倍希釈液などを散布する。冬期にマシン油乳剤50倍希釈液などを散布する。枝にもよくかかるよう茎葉散布する。
ツバキ

チャドクガ

ツバキ、サザンカ、チャだけに発生する。
主な被害と診断
幼虫は、はじめ葉の裏で食害するため、葉の表側に黄色い模様ができる。幼虫は群れをなして食害する。成虫・幼虫・脱皮殻に毒毛があり、卵塊にも成虫の毒毛がついているので、触れると激しいかゆみをともなう発疹ができる。幼虫の色は黄色~黄褐色。
防除法
幼虫を見つけたら、注意して捕殺する。幼虫の発生初期に殺虫剤を散布する。
殺虫剤の使い方
ディプテレックス乳剤1,000倍希釈液、トレボン乳剤4,000倍希釈液、オルトラン水和剤1,500倍希釈液などを葉裏によくかかるよう茎葉散布する。
マツ

マツアワフキ

アカマツ、クロマツに発生する。
主な被害と診断
マツの新梢に白い泡がついて、鑑賞の妨げになる。新梢の葉の基部にいる5mm程度の幼虫が吸汁しながら水分を出し、それが泡となる。吸汁によって生育を阻害されることはない。
防除法
泡を取り除き、中にいる幼虫を捕殺する。高いところに発生している場合は、殺虫剤を散布する。
殺虫剤の使い方
スミチオン乳剤1,000倍希釈液などを発生部位に散布する。
マツ

マツカレハ
(マツケムシ)

アカマツ、クロマツ、ゴヨウマツ、ヒマラヤスギなどの針葉樹に発生する。
主な被害と診断
4~6月頃、越冬を終えた幼虫がマツの針葉を激しく食害する。ふ化した幼虫は集団で葉を食べるが、成長すると分散する。老熟幼虫は体長が約60mmと大型になる。
防除法
10月上旬頃にコモ巻きを行い、早春に除去して中にいる幼虫を捕殺する。越冬した幼虫が葉を食べ始める頃に殺虫剤を散布する。多発した場合は、秋の幼虫の発生初期に殺虫剤を散布する。
殺虫剤の使い方
ディプテレックス乳剤1,000倍希釈液、トレボン乳剤4,000倍希釈液などを茎葉散布する。
マツ

マツノザイ
センチュウ
(マツクイムシ)

マツ類に発生する。
主な被害と診断
夏の終わり頃から秋に、マツの針葉が急速に黄褐色に変わり萎れる。やがて全身が枯れる。5月頃から、羽化したマツノマダラカミキリによって運ばれたマツノザイセンチュウが、マツの樹体内で増殖し、水分の移動を妨げる。
防除法
マツノマダラカミキリ成虫を防除するための殺虫剤散布か、マツノザイセンチュウの増殖を防止するための樹幹注入剤の処理を行う。注入はマツノザイセンチュウが侵入する3ヶ月前までに行う。
殺虫剤の使い方
カミキリムシ成虫の発生初期~盛期にスミパイン乳剤18倍希釈液などを樹冠部に茎葉散布する。冬期にマツガードなどを樹幹注入する。
モッコク

モッコクハマキ

モッコクに発生する。
主な被害と診断
幼虫が枝先の葉をつづって食べる。茶褐色の葉が樹上に長く残り、見苦しい。幼虫は15mmほどで、2~3枚の葉をつづって中で葉を溜める。
防除法
つづった葉を見つけたら中の幼虫を捕殺する。葉を巻きはじめる時期に殺虫剤を散布する。
殺虫剤の使い方
カルホス乳剤1,000倍希釈液などを5~8月に月1~2回茎葉散布する。